千代田水産株式会社 人事メッセージ Q&A 募集要項 採用スケジュール セミナー情報
CHIYODA SUISANで活きる 千代田水産が活きる!! ENTRY
トップページ フードビジネスを動かせ どんなタイプ? プロの仕事現場密着取材 プロジェクトストーリー
プロの仕事現場密着取材
消費者のニーズを鋭く見極めて、作り出したヒット商品で、人々の喜びも作り出す。
干魚課はシラス、チリメン、魚卵など幅広い干物を扱っています。一般消費者のニーズを日頃からリサーチして、売れる商品を自ら企画しメーカーと共同で新商品を作り上げています。新商品がヒットすると、お客様も喜んでくれて、メーカーも喜んでくれる、仕事していて一番やりがいを感じる時ですね。今後は後輩にも、自分のノウハウを教えながら、この仕事のおもしろさを伝えていきたいですね。
早朝
朝売りスタート。自分のセリ場の商品を整理してお客様が来るのを待つ。
得意先のお客様と商談。
その場で真剣な価格交渉が展開される。
受注した注文はすぐさま、販売システムに売上を入力する。
午前①
朝売りが終わると事務所に移動して、電話での商談を開始する。
午前②
主任の桜井は後輩の質問に丁寧に答えて、商談の指導を行う。
午前③
福岡の明太子メーカーと新商品の企画の打ち合わせ。
市場のニーズをメーカー担当者に伝えながら、次はどんなヒット商品を作り出そうかと、話は白熱した 。
午後①
本日、受けた注文のリストを受発注係の営業事務に依頼する。
よろしくお願いします。
午後②
得意先から依頼を受けた、見積書を作成して本日の仕事は終了だ。
午後③
明日の仕事の準備をして帰宅する桜井。明日も真剣勝負の商談が待っている。
プロの仕事現場密着取材
INDEX
S.K
加工品部 加工品二課
M.H
塩干一部 塩魚課
S.M
塩干二部 干魚二課
M.M
管理課
S.Y
塩干二部 干魚課
このページのトップへ